東京ディズニーランド・東京ディズニーシー、再開日を5月中旬以降に延期

東京ディズニーランドの大規模開発エリアのオープンも未定に。

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは4月8日、現在臨時休園中の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの営業再開の延期を発表しました。

再開日は5月中旬以降としています。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは当初、「新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた全国的なスポーツや文化イベントの実施自粛」に応じ、2月29日から3月15日にかけての休園を発表していました。

その後、同要請の延長を受け、再開日を4月上旬、4月20日以降と順延してきましたが、今回はその休園期間をさらに延長した形です。

また、今回の休園期間の延長に伴い、5月中旬以降としていた東京ディズニーランドの大規模開発エリアのオープンが未定に。

オープン日程は「両パーク再開後にあらためて決定」するとしています。

今回の休園にともなう業績への影響について、オリエンタルランドは「現時点で未定ですが、開示すべき事項が生じた場合は速やかにお知らせいたします」としています。

なお、休園期間中の購入済みチケットの取り扱いについては、東京ディズニーリゾートのオフィシャルウェブサイト、オンライン予約・購入サイトで案内しているということです。

ステイサム
夢の国も現実を受け止めてるって事か。