パチンコ 事件簿(過去の事件)

ハンマーおじさん

【滋賀】パチンコ店交換所で窃盗相次ぐ、現金計1700万円超被害

【滋賀】パチンコ店交換所で窃盗相次ぐ、現金計1700万円超被害

パチンコ店に車突っ込む 仙台、逮捕の男「意図的」

仙台市宮城野区中野4丁目のパチンコ店に軽乗用車が突っ込んだ。

店は開店前でけが人はなかった。仙台東署は建造物損壊の疑いで軽乗用車を運転していた男を現行犯逮捕した。

「意図的だった」という趣旨の話をしていて、署は詳しい動機を調べている。

同署によると、軽乗用車は出入り口から店内に突入。店の奥まで走って止まった。

逮捕容疑は、同店に軽乗用車で突っ込み、店の一部を壊した疑い。

2日間で16万円負けた—パチンコ店突入男

茨城県警は2003年8月、パチンコに負けた腹いせに自分のクルマを店舗に突入させ、正面玄関や景品カウンターを破壊したとして建造物損壊容疑で逮捕された33歳の男が警察の取り調べに対し、「2日間で16万円負けた」と供述していることを明らかにした。

これまでに数百万円単位の損失を出しており、金策に悩んだ末に衝動的に犯行に走ってしまったようだ。

茨城県警・古河署の調べによると、男は連日のようにこのパチンコ店に通い詰めており、事件を起こした26日は開店と同時に店に入り、夜までパチンコを続けていた。
この間に約8万円を投じていたが、勝つことは出来なかった。

前日も同様に遊戯を続け、やはり8万円も負けてしまい、2日間のトータルで16万円の損失を出していた。

男の月収は約20万円だが、この2日間でほぼ使い切ってしまったことに意気消沈し、自宅で酒を飲んでいたが、そのうちに「損をさせるあの店が悪い」とこれまでの鬱憤が一気に爆発。犯行に及んだらしい。

取り調べに対して男は「これまでに300万〜400万円は損している。
それを考えると腹の虫が収まらない。どうにでもなれと思ってやった。
クルマをぶつけた直後に我に返り、大変なことをしたと思った」などと供述しているという。

警察では「怒りの衝動を抑えることができなかった」と見ているが、「衝動を抑えられるのであれば2日で給料の全てをパチンコに注ぎ込むことも無かったのか」と呆れている。

ステイサム
パチンコは適度に楽しむ遊びです。