【約320店舗休業中】業界最大手マルハンの休業による売上消失額は〇〇〇〇億円!?【衝撃】

パチンコホール「マルハン」などを全国で300店舗以上展開する㈱マルハンは、22日、新型コロナウイルスの感染拡大抑止のため、新たに新潟県・広島県・山口県・佐賀県・静岡県の14店舗の休業を決定した。同社は緊急事態宣言の発出以降、各地域で臨時休業を表明しており、全国の休業店舗数は23都道府県で213店舗におよぶ。

マルハンの2019年3月期(単独)の売上高は1兆5,112億5,000万円。単純計算になるが、仮に213店舗全店が1カ月間休業した場合、約845億円分の売上が消失することになる。業界のトップランナーとして、相応の覚悟を示した格好だ。

決断の背景には、緊急事態宣言を受けたエリアの遊技ファンが、隣接する県のパチンコホールに足を運ぶ「越境パチンコ」が問題になるなど、世間のパチンコそのものに対するイメージの悪化もあると考えられる。

西村康稔経済再生担当大臣が4月21日の会見で「施設を特定して、あらためて(休業の)要請を行う、そしてそれを公表する強い措置を講じられるよう、検討、調整を行っているところであります」と話し、特別措置法の第45条2項を適用する調整に入っていることを明らかにした。遊技業界は今、正念場を迎えている。

https://www.data-max.co.jp/article/35387

ステイサム
上記からさらに自粛を広げ、現在マルハンの自粛店舗数は302店舗(パチンコ以外の施設を含む)。
なおパチンコホールに限って見ると、全国318中の297店舗を休店している。
・213店舗で845億円消失
 →1店舗当たり月間約4億円の売上
・現在は316店舗自粛しているので・・
 →4×297=1264
なんと
約1264億円の売上消失!

ステイサム
ヤバイ・・
売上は立たず固定費だけ掛かる。
補填・補償も心許ない。。
倒産が増えるのもうなづける。

マルハン関連記事

【マルハン休業情報まとめ】4/29マルハンが青森県のパチンコホール11店舗の休業を決定。42都道府県316店舗が休業へ【売上消失額は?】