【強盗師匠】パチンコ景品所強盗“指南役”の内装工逮捕

ことし3月、東京・瑞穂町のパチンコ景品交換所で現金700万円余りが奪われた事件で、強盗の方法を押し入った男らに伝えていたとして、34歳の男が逮捕されました。警視庁は事件の「指南役」とみて捜査しています。

逮捕されたのは宮城県仙台市泉区の内装工、武藏友佑容疑者(34)です。

警視庁によりますと、ことし3月、東京・瑞穂町のパチンコ景品交換所に押し入り現金700万円余りを奪ったとして、逮捕・起訴された男ら3人に、強盗の方法を教えたとして、強盗ほう助などの疑いが持たれています。

具体的には、景品交換所の従業員が勤務を終える時間帯や、持ち込む凶器などについても、男らに伝えていたということです。

やり取りは、一定の時間が過ぎるとメッセージが消去される「テレグラム」というアプリを通じて行われていて、事件の後、武藏容疑者の口座には報酬とみられる数万円の入金があったということです。

調べに対し、「強盗のやり方を教えたのは間違いない」と容疑を認めているということです。

警視庁は、武藏容疑者がほかにも複数の強盗事件に関与した疑いもあるとみて捜査しています。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200619/k10012476541000.html

ステイサム
それテレグラム使う意味なくねーw