ワルプルギスの夜

ワルプルギスの夜とは

ヨーロッパの一部地域で行われる伝統的な祭り。

ヴァルプルギスの夜」(ドイツ語読み)とも。主に4月30日から5月1日にかけての夜を指す。

4月30日か5月1日の夜(特にドイツなどでは4月30日から5月1日にかけての夜)に、スカンジナビア半島から中欧にかけての地域を中心にヨーロッパの広い範囲で行われている祭り。

古くは春を迎えるための神聖な儀式の一つであったが、ヨーロッパにキリスト教が広まってからはこれらは異教の風習であるとされ、次第に魔女による儀式として変容していった。ドイツでは、4月30日の夜に魔女たちがブロッケン山に集い催される酒宴として言い伝えられている。

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に登場する魔女として有名。

「魔法少女まどか☆マギカ」のモチーフの一つと思われているゲーテの戯曲「ファウスト」にもワルプルギスの夜が魔女の集会として登場する。魔法などの異教や異文化を取り扱った作品には、ワルプルギスの夜の風習を取り入れたり影響を受けたものが多い。

現代では、夜通しでお酒を飲んだりバカ騒ぎしたりパレードをしたり最早ただの魔女の仮装パーティと化していたりする。特に北欧では国を挙げた大規模な祝宴としていることが多く、この様子は観光としても人気。

ステイサム
まどマギで初めて知った人、多そう。