【愛媛】パチンコ業界組合が店舗を見回り 新型コロナ対策徹底を点検

基準満たせば「安全安心シール」

パチンコ店で新型コロナの感染対策が徹底されているかチェックする業界組合の見回り点検が、7日から始まりました。

この見回り点検は、県内のパチンコ・パチスロ店で作る県遊技業協同組合が独自に行うもので、7日は組合の2人の調査員が松山市のパチンコ店を訪れました。

調査員は出入り口にアルコール消毒液が設置されているか、従業員の体調管理ができているかなど6つの対策を確認。

基準を全て満たしていることが確認されると「安全安心シール」が交付され、さっそく店の入り口に貼られました。

組合は6月中に加盟する愛媛県内107店舗全ての見回りを完了したいとしています。

ステイサム
国(県)がいろんな業種でこの見回りをして飲食店とか営業できるように動けばいいのに。